口臭の対策:歯磨き・虫歯や歯周病・口臭スプレー・口臭サプリ・口呼吸・口臭外来など

口臭の対策:歯磨き・虫歯や歯周病・口臭スプレー・口臭サプリ・口呼吸・口臭外来など

口臭対策は、原因をしっかり知ることから始まります。

以前、口臭の原因を9つ紹介しましたが、今回は口臭の対策を紹介します。

歯磨きで口臭対策

歯磨きの方法を改善することで口臭の対策をすることができます。
歯ブラシを水平に大きく動かしたり、力を入れすぎたりしていませんか?
基本の磨き方をおさらいしてみましょう。
口臭 歯磨き

歯磨きのポイント

  • 強くにぎらない
    正しい歯磨き方法は、鉛筆をもつように親指と人差し指で優しく歯ブラシを持ちます。
    強くにぎらないことがポイントです。
    歯への圧力が高まって歯を傷つける可能性がありますので気をつけましょう。
  • 歯ブラシは柔らかいものがおすすめ
    歯ブラシはなるべく毛先が柔らかいものを選ぶと良いでしょう。
    歯ぐきを傷つけるリスクを減らすことができます。
  • ブラッシングの角度
    ブラッシングは、歯と歯ぐきの間を磨くようなイメージを持って、歯ブラシを斜め45度に当てます。
  • ブラシの動かし方
    歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間には歯垢が残り易いため、細かくはブラシを動かします。
  • 歯と歯の間
    歯ブラシだけでは歯垢は取り除くことが難しいため、歯間ブラシ・糸ようじ(デンタルフロス)・歯間クリーナーを併用することをおすすめします。

歯と歯の間を忘れずに

歯垢が歯と歯の間に残っていると、口臭の原因になります。
きちんと歯垢を落とすことで歯周病や虫歯の予防にもなります。
具体的には、デンタルフロスや歯間ブラシを使用します。

  • 糸ようじ(デンタルフロス)
    フロスは歯と歯の間に挿入して前後にゆっくり動かします。
    スライドさせながら歯ぐきの下まで引き下げていきます。
    歯肉を傷つけないようにケアをすることがポイントです。
  • 歯間ブラシ
    歯間ブラシを使用する際には、歯間の狭さにあったサイズを選ぶことがポイントです。

虫歯や歯周病を治して口臭対策

口臭 虫歯
人と会話をした時や、人が大勢集まっているところで、
自身の口臭や他人の口臭が気になったことがあるでしょう。
口の中の臭いの原因にはいくつかあると考えられていますが、
その大きな原因に虫歯や歯周病があげられます。

虫歯や歯周病は治しましょう

口臭の対策としましては、虫歯や歯周病を治されるのがいいでしょう。
歯と歯茎の間には、細菌が多く住んでいるといわれていて、中でも嫌気性菌は硫化水素や
メチルカプタンを発生させ、これらの物質が口の中の臭いの元になるといいます。
口臭が気になる方は、虫歯や歯周病になっている可能性が高いといわれていますので、
歯科クリニックへ足を運ばれて歯科医師の診療を受けられるのがいいでしょう。

歯周病

たとえば、毎日行う歯磨きの際に歯茎から出血することが多かったり、
歯が浮いたような感じがしたり、食べ物がしみたり
歯茎が腫れた状態によくなる場合ですと、歯周病の可能性があるものです。

虫歯

歯に穴のようなものがあいていたり、白い歯が黒っぽくなっている場合。
逆に白くなっていたりするのも虫歯の可能性があります。
詰め物の奥で虫歯が進行してる、気が付かない虫歯というものもあります。
早めに歯科医師の診察を受けましょう。

定期クリーニング

口臭の対策としましては、虫歯や歯周病をしっかりと治して、
再度ならないように正しい歯磨きの仕方で毎日歯を磨きましょう。
そして、定期的に歯の検診を受けられるのがいいでしょう。

口臭の対策なら口臭スプレー

口臭スプレー
口臭の対策として口臭スプレーを使用した方法があります。

口臭が心配な時にシュッとひと吹き

口臭スプレーは文字通りプッシュ式の口臭対策グッズで、
口の臭いが気になった時にシュッとひと吹きするだけで臭いを軽減できるようになっています。
サイズが小さく手軽に利用できることから接客業の人が常時携帯していることも多く、
価格も安いので他の口臭対策グッズよりも人気が高いようです。

口臭スプレーの成分

口臭スプレー

口臭スプレーに配合されている成分は商品によって様々ですが、
基本的には殺菌作用を有していて口内を清潔にすることで口臭を抑制します。
また、シトラスやミントといった香りが含まれているものも多く、爽やかな香りによって
タバコやニンニクといった強い臭いから誤魔化す目的でも利用できるようです。
しかし、体内に吹き付けるという問題から化学的な要素を取り除き、
安全性や自然な消臭を求めるためか、最近ではオーガニック製品が求められているようです。
常はセージやタイム、パセリといったハーブ類を中心に、様々な植物性の成分によって
瞬時に口臭を整えてくれます。

口臭スプレーの効果

その効果には様々ですが、殺菌作用によって取り除かれるもの以外にも、
細菌に関係のないニンニクの臭いでもある程度は抑えてくれるようです。

口臭の対策の定番なら口臭サプリ

口臭サプリ
サプリメントの成分で体内から原因となる要素を中和するという方法もあります。

口臭をサプリで改善

それなりに口臭の対策をしていたとしても、どのくらい効果的かを客観的に知るのは簡単ではありません。
ですから、口臭の対策としておすすめなのが、サプリの存在です。
もちろん、毎日、毎食後に丁寧に歯磨きをすることは当然ですが、それ以外にも、体の中から出てくるにおいというものもあります。
たとえば、にんにくを食べたら、確実ににんにく臭がするような具合です。
でも、そのにおいがにんにくではなく、良い香りであれば、口臭対策としてとても効果的です。

バラの香り

口臭をサプリで改善

口臭対策のサプリとして話題となっているのが、バラのエキスが入ったサプリです。
このサプリを毎日飲み続けることで、口にバラの香りが感じられるようになると人気です。
手軽に飲むことができるのでおすすめです。
口臭が気になっている人は実に多いといえるでしょう。
でも、口臭が気になっていても、周りが気になるくらいのレベルなのか、なかなか自分では確認しにくいものです。
また、もし、周りに口臭が気になる人がいたとしても、その人に知らせるのもむつかしいでしょう。
なぜなら、自分も同じような状況である可能性も否定できないからです。
そのような状態で、なんとなく不安な心境で毎日を過ごしている人も少なくないようです。

口呼吸のクセを治して口臭の対策

口呼吸のクセを治す
口呼吸のクセを治すことは口臭の対策にもつながります。
自分が気づいていないうちに他人に対して、口臭で嫌な思いをさせていることもあります。
まずはそのクセを治すことからはじめましょう。

口呼吸の弊害

  • 口の中が渇きやすい
    口呼吸をすることで唾液を出していても口の中が渇きやすく、口臭がでやすい状態になります。
  • 歯周菌や虫歯になりやすい
    口腔内が渇くことで唾液が出なくなり、歯周菌や虫歯の原因になったりもします。
  • 風邪や喘息になりやすい
    他にも空気と一緒に吸い込んだバイ菌やウイルスが直接のどに届くので、風邪をひきやすくなったり喘息になることもあります。

口呼吸を改善する方法

これだけの弊害がおこる口呼吸のクセはできるだけはやく治したほうがいいです。

  • マスク
    マスクをするというのも効果的で、鼻呼吸を促します。
    マスクをしていると口呼吸をしていることがすぐにわかるので、気づいた時にはすぐに鼻呼吸に変えましょう。
  • 医療用テープ
    出来る限り口を閉じたり、睡眠中は医療用テープで唇を押さえるという方法もあります。
  • 枕の高さ
    寝ている時には枕の高さが合っていないと、喉の気道が圧迫されて口呼吸をしやすくなります。
    寝る時には枕の高さにも注意が必要です。
  • 肥満
    肥満気味の方は脂肪で気道を塞ぎがちになるので、ダイエットをすることで気道が確保されやすくなり鼻呼吸の手助けにもなります。

口呼吸のクセを治すのは時間がかかりますが粘り強く続けることで、改善されます。

口臭対策にガムを噛むのはあり?

口臭 ガム

噛む事によって唾液の分泌を増やす

ガムを噛むと食べかすを取り除いてくれる効果がありますし、
噛む事によって唾液の分泌も増えて食べかすや、口内で繁殖した細菌を洗い流す働きもしてくれるので、
口臭予防に有効です。
この場合、砂糖使用のものではなく、キシリトールガムがおすすめです。

  • 食べかすを取り除いてくれる効果
  • 噛む事によって唾液の分泌を増やす効果
  • 口内で繁殖した細菌を洗い流す働き

口臭をガムで予防

しかし虫歯や歯周病などの口内トラブルに関しては、食べ物が原因と同じくガムを噛む事で唾液の分泌が増える為に虫歯菌も減少させる事が出来るので効果的と言えます。
ガムを食べて口呼吸に気を付ければ、病的以外の口臭ならかなりの効果があるので試してみるのは得策です。
自分では気づいていないのに周囲に迷惑をかけてしまうのが口臭です。
いくら仕事で大切な話をしていても、口臭が酷いと相手には話の内容が入らないばかりか印象が悪くなり、
ビジネスチャンスだって逃してしまいます。

生理的口臭と病的口臭
口臭の原因は色々とありますが、生理的口臭として食べ物のカスやタバコにアルコールなどがあり、
食べ物の中ではニンニクやネギにニラやラッキョウなどがあるのです。
こう言った口臭の対策としてはしっかり歯磨きを行う事が大切ですし、臭いを解消する為に牛乳や緑茶を飲む事も有効です。
もう一つの口臭原因は病的口臭で、虫歯や歯周病に口内炎がありますし蓄膿症や扁桃炎なども原因となっています。
他にも胃腸のトラブルが原因となっていますが、こう言った口臭の対策は原因となっている病気の治療が必須となっています。

最先端口臭対策なら口臭外来

口臭外来

口臭の原因を特定・治療

口の臭いが気になり、個人では原因が分からないのであれば、口臭外来で治療することをおすすめします。
口臭外来ではどういったことが行われるのかイメージがつきにくいですが、口臭の原因を特定し、それに合わせた治療をしてくれます。

費用と期間

高度な機器を使用して自由診療で行われるため、費用は5万から10万円程度かかります。
検査から口臭の対策を行い、改善まで2ヶ月程度を目指して治療が行われます。
口臭外来は保険が適用されないのですが確実です。
予算的にちょっとという方は、受診前に自分で口臭原因を探してみるのも良いかもしれません。
虫歯があれば、先に歯医者に行くのも方法の一つです。

口臭の原因によって治療はさまざま

口臭の原因は、病気に起因するものや生活習慣、心理的なものまで様々です。

病気が原因の場合

病気の場合は、そのほとんどが虫歯や歯周病等によって口腔内の状態が悪化していることが原因のため、
歯医者での治療がメインとなります。
消化器系の疾患や糖尿病が原因のケースもあるので、
それに合わせてほかの医療機関を利用することになる可能性もあります。

喫煙やアルコール等が原因の場合

喫煙やアルコール等が臭いの原因になっている場合は、普段の喫煙や食生活を改善するとともに、
ヤニ等を除去するクリーニングを歯医者で行います。

心理的なことが原因の場合

口臭に問題がないにもかかわらず、心理的に口臭があると思い込んでしまう場合は、精神科での治療をおすすめします。

次のページで【自分でできる口臭 チェックその①】紹介します。

▲ページトップに戻る