正しいブラッシングとデンタルフロスや歯間ブラシの使用がおすすめ

歯磨きの方法を改善

歯磨きの方法を改善

 

歯磨きの方法を改善することで口臭の対策をすることができます。
歯ブラシを水平に大きく動かしたり、力を入れすぎたりしていませんか?
基本の磨き方をおさらいしてみましょう。

 

歯磨きのポイント

 

  • 強くにぎらない

    正しい歯磨き方法は、鉛筆をもつように親指と人差し指で優しく歯ブラシを持ちます。
    強くにぎらないことがポイントです。
    歯への圧力が高まって歯を傷つける可能性がありますので気をつけましょう。

  • 歯ブラシは柔らかいものがおすすめ

    歯ブラシはなるべく毛先が柔らかいものを選ぶと良いでしょう。
    歯ぐきを傷つけるリスクを減らすことができます。

  • ブラッシングの角度

    ブラッシングは、歯と歯ぐきの間を磨くようなイメージを持って、歯ブラシを斜め45度に当てます。

  • ブラシの動かし方

    歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間には歯垢が残り易いため、細かくはブラシを動かします。

  • 歯と歯の間

    歯ブラシだけでは歯垢は取り除くことが難しいため、歯間ブラシ・糸ようじ(デンタルフロス)・歯間クリーナーを併用することをおすすめします。

 

 

歯と歯の間を忘れずに

 

歯垢が歯と歯の間に残っていると、口臭の原因になります。
きちんと歯垢を落とすことで歯周病や虫歯の予防にもなります。
具体的には、デンタルフロスや歯間ブラシを使用します。

 

  • 糸ようじ(デンタルフロス)

    フロスは歯と歯の間に挿入して前後にゆっくり動かします。
    スライドさせながら歯ぐきの下まで引き下げていきます。
    歯肉を傷つけないようにケアをすることがポイントです。

  • 歯間ブラシ

    歯間ブラシを使用する際には、歯間の狭さにあったサイズを選ぶことがポイントです。