自分でできる口臭 チェックその②:ポリ袋やコップでチェック・唾液の味・マスクの臭い

自分でできる口臭 チェックその②:ポリ袋やコップでチェック・唾液の味・マスクの臭い

自分は口臭などしないと思っていませんか、実は自分の口臭は自分では感じれらないものです。
人間の鼻は敏感かと思いきや実は常に嗅いでいる臭いについては鈍感になってしまうのです。

前回の自分でできる口臭 チェックに続いて第2弾を紹介します。

自分でできる口臭チェック その①
コップやグラス・デンタルフロスなどでチェック

常に嗅いでいる臭いについては鈍感になる

長期間旅行した後に自宅に帰るとにおいがすると思った事は有りませんか、これは長期的に家から離れたことによって自分の家の臭いの記憶がなくなりリセットされたため家に帰ってきた時本来の家の臭いがするのです。
口臭もこれと原理としては同じなのです。

ポリ袋で口臭チェック

  1. ポリ袋かコップを用意してください、ここに自分の息を吐くのです。
  2. そしてコップの場合は入れた自分の息が漏れないように蓋をしておいてください。
    ポリ袋の場合は口を閉じましょう。
  3. その後自分の鼻を近づけてためておいた自分の息をかぎましょう、これこそが本当の自分の口の臭いになります。

く自分の手に息をふきかけて口臭チェックをする方もいますが

もしも臭かったらいつもこの臭いを他人にかがせていたのです。
よく自分の手に息をふきかけて口臭チェックをする方もいますがこれでは息が漏れてしまうので正確にはチェックできないでしょう。
臭いがした時はショックかもしれませんが前日に臭いのするものを食べた場合はそれの影響もあるので、次の日も再びチェックしてみてください。

唾液の味

唾液の味

口臭の原因としては、全身疾患によって口臭があらわれる場合もありますが、そのほとんどが口の中に問題があるとされています。
口の中に常駐している細菌がたんぱく質を分解することで、原因物質を作りだしてしまうのです。

口の中の細菌と唾液の関係

口臭予防に重要になってくるのが、口の中の細菌です。そして細菌の量は唾液によって決まってきます。
唾液には口の中をきれいにし殺菌する効果があります。
唾液の量が減ってしまうと細菌が増え、口臭が発生しやすくなってしまうのです。
自分で口臭チェックする方法には、いくつかの方法があります。
最も簡単な方法はこの唾液の味をチェックする方法でしょう。

唾液が酸っぱかったり、苦いと感じだら・・・

  • 【唾液が酸っぱいと感じる場合】
    口の中に歯石や食べかすが残っているということになります。
  • 【苦いと感じる場合】
    口臭の原因となる物質が口の中に溜まっている可能性が強いでしょう。

唾液の味がいつもと違うと感じる時には、口臭が強くなっている可能性があるので、対策をとった方がよいでしょう。
誰かと会話をしている時などに、相手の口臭が気になったことはないでしょうか。
それと同時に自分の口臭は大丈夫かと心配する人も多いでしょう。
なかには口臭がほとんどないにも関わらず、自分の口臭を気にしている人もいます。

マスクの臭い

マスクの臭い

マスクの臭いが気になる方、実はそれはマスクが臭いのではなく自分の口が臭いのかもしれません。
マスクをしていると息がこもるため自分の吐いた本当の息を感じやすくなります。
そして直面したくないことですが、そのマスクの中で感じた自分の口臭こそが本当の自分の息なのです。
普段周囲にそのにおいを振りまいているのです。
もしも臭いと思った時はすぐに口臭対策をしましょう。

マスクで口臭チェック

マスクは口臭チェックをするために利用することもできます。
普段自分の息が臭いのかどうかわからない方にいいでしょう。
周囲の人から注意されたことがないので問題ないはずだと思っていませんか、口が臭いなんて失礼な事なかなか指摘してくれません。
ですので誰からも注意されないからと言って口が臭くないという保証はないのです。
人に注意されるのは恥ずかしいことですので指摘される前に自分で対策をしましょう。
ニンニクなどの臭いのきつい食事をした直後は臭いがすることが多いものです。
歯磨きをしてしばらくしてからマスクをして口臭チェックをしてください。

マスクは口臭予防にはならない

マスクをしていれば周囲に迷惑をかけないのではと思われる方もいます。
しかし隙間から臭いが漏れることがあるのでやはり対策をしなければいけません。

次のページで【口臭予防サプリ:うる藍バリア】を紹介します。

▲ページトップに戻る