口臭チェッカーについて:使い方・仕組みを紹介

口臭チェッカーについて:使い方・仕組みを紹介

口臭チェッカー

娘に口が臭いと言われた

私は中学生になる娘を溺愛していますが、先日娘からショックを受ける一言を言われてしまったのです。
それは「パパのお口の臭い凄く臭いよ」という一言でした。
アラフォーの私は太らないようにジョギングを日課とし、身だしなみにも気をつけていました。
まさか口臭にオチがあるとは思いもしなかったのです。
それ以来毎朝歯磨きをした後にリステリンで口をゆすいでから会社に行くようになりました。
出発前には妻に息を噴きかけ、口臭チェックをお願いしていました。
しかし妻は大変嫌がっていたので、何かいい方法はないかと探していました。
口臭チェッカーについて

口臭チェッカーで確実にチェック

するとネットでAMZOOMというデジタル口臭チェッカーを見つけました。
値段も1800円ほどなので、私はすぐに購入して何処へ行く時も鞄に忍ばせています。

口臭チェッカーの使い方

使い方は簡単で、スイッチを入れるとカウントダウンが始まります。
0になると3秒以上息を吹きかけるだけで測定されます。
ピーと警告音がなりLCDに結果が表示され、その後電源が自動で切れます。
結果は5段階でアニメ表示付きと分かりやすくなっています。

口臭チェッカーの仕組み

仕組みは揮発性硫化物をターゲットとして、
その数値を測定しているのです。
歯磨き前に測定するとベリーバッドと表示され結果は正しいようです。
購入以来朝昼晩とこそっと測定し、4番目に悪いバッドが表示されたら、
すかさずリステリンで口をゆすいぐように心がけています。
おかげで娘から口臭の事を言われなくなりました。

次のページで【口臭の原因を9つについて】紹介します。

▲ページトップに戻る