簡単!手の甲を舐めて口臭チェック

手の甲を舐めて嗅ぐ

手の甲を舐めて嗅ぐ

 

手順

 

  1. まず手の甲を舐めてください
  2. 一分間放置して唾液が乾くのを待ちましょう
  3. そして再び手の甲の臭いをチェックしてみてください

 

実はこの時の臭いこそが口から出ている臭いなのです。
ですので臭いが感じられられなければ口臭はしないということになります。
逆ににおいが確認されれば、知らない間に口臭で周囲に迷惑をかけていたということになるでしょう。

 

 

臭いが感じられた場合

 

臭いが感じられた場合も落胆しないでください。
とりあえず自分で臭い事が分かれば気を付けることができます。
スメルハラスメントから脱却するための第一歩は自分の口臭に気が付くことなのです。

 

 

臭いがしなかった場合

 

臭いがしなかった場合でもまだ安心してはいけません。
鼻づまりなどで臭いがしなかった場合は、もう一度鼻が通っている時にチェックをしてみてください。
その時によって口臭が変化します。
一度無臭だったからと言って安心せず頻繁にチェックすることをおすすめします。