口臭の独特の口臭の成分は3種類のガス

口臭の成分は3つのガスだった(揮発性硫黄化合物)

口臭の成分は3つのガスだった(揮発性硫黄化合物)

 

人の臭いは気になるけど、自分の臭いには気づきにくいのが口臭です。
口臭の独特の口臭の成分は揮発性硫黄化合物(VSC)です。
単独でも結構臭いのに、この3つがミックスされたとなると相当のものです。

 

硫黄化合物というのは、硫黄分子がついている物質のことで、口臭には硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドが含まれています。


硫化水素

 

硫化水素は腐卵臭、卵が腐ったような臭いや硫黄温泉の臭いがします。
強い刺激臭があるとされています。
口腔内に原因がある時に検出される口臭原因物質です。

 

硫化水素の化学式は H2S。
硫黄と水素の無機化合物で、無色の気体で、水によく溶けて弱い酸性を示します。
下水処理場やごみ処理場などでも、嫌気性細菌で硫化水素が作られると言われています。

メチルメルカプタン

 

メチルメルカプタンの臭いは腐ったたまねぎのにおい、野菜クズが腐った感じ。
歯周病を原因とする口臭の場合に検出される口臭原因物質です。

 

メチルメルカプタンの化学式はCH3SH。
人の血液や脳・その他組織中にも存在していて、動物の糞からも放出されています。
天然には、チーズや種や実にも含まれていて、沼のヘドロが腐ったような場合にも出ます。

ジメチルサルファイド

 

ジメチルサルファイドの臭いは強い悪臭成分で、キャベツが腐った臭い、ゴミのような感じ。
歯周病がある場合に検出される口臭原因物質です。

 

ジメチルサルファイドは、化学式が (CH3)2S です。
水に溶けにくい有機硫黄化合物です。
海で臭う潮臭さは、海洋プランクトンが作るジメチルサルファイドによるものです。

 

舌の表面に白い苔はありませんか?

 

口臭の原因のひとつとして考えられているのが、舌の表面についている白い苔のようなものです。
舌苔と言います。
これは食べ物のカスや細菌がたまったものです。

 

言うなれば、生ゴミに細菌がくっついた状態で、気温36度の炎天下に放置されている状態です。
舌の表面でどんな悲惨なことが起こっているか想像すら怖いです。
そのため、口臭を避けるためには舌苔のケアが必要だと言われています。