口臭が気になる方は喫煙や飲酒はなるべく量を控えるようにしましょう。

喫煙や飲酒

喫煙や飲酒

 

喫煙や飲酒も口臭の原因になります、外部から摂取したものが原因の口臭なので外因的要因となります。
では喫煙や飲酒はなぜ臭いがするのでしょうか。

 

飲酒の場合

 

アルコール自体がそもそも臭いのするものですのでそれが口臭となります。
しかもアルコールは利尿作用があるため体の中の水分が少なくなり、唾液の分泌量も少なくなります。
これもさらに口臭をきつくする要因となるのです。

 

 

喫煙の場合

 

喫煙の場合も同じです、煙草自体も臭いがするため口臭になります。
さらに歯に臭いが付着するためさらに臭いがきつくなってしまうのです。

 

 

量を減らす努力を

 

飲酒や喫煙が原因で口臭になる場合、それらをやめればかなり改善します。
ただアルコールも喫煙も中毒作用があるためなかなかやめるのは難しいでしょう。
しかし少しでも量を減らすだけでも口臭は改善されます。
長く続けていると歯周病の要因となり、内的要因の口臭になる可能性もあるため
出来るだけ早く控えるようにしましょう。

 

 

煙草専用の歯磨き粉

 

内的要因となると控えたくらいでは解決しにくくなるので厄介です。
喫煙する方でしたら煙草専用の歯磨き粉なども販売されていますので
それを使って口臭予防をするのもいいでしょう。
楽しくお酒やたばこをたしなみ口臭ケアもするようにしてください。