口呼吸は唾液が少なくなり口臭の元になります。

口呼吸

口呼吸

 

口呼吸は口臭の原因になりますので、もしも口を常に開けて息をしている方は鼻息に変えましょう。
口で呼吸すると口臭になる原因は唾液が乾いてしまうからです、
さらに口を開けることによって唾液自体が分泌されにくくなってしまいます。

 

唾液には天然の薬のような作用があり口臭を防いでくれるのですがそれが少なくなると口臭になってしまうのです。
ですのでいつも口を開けている、口で息をしている方は口を閉じて鼻で息をするようにしてください。

 

今までずっと口で息をしていた方はなかなか知らない間に口で息をしていることがあると思いますが、
気が付いた時に口を閉じるようにしましょう。

 

 

口の筋肉を鍛えるトレーニング

 

さらにペットボトルを加えて口の筋肉を鍛えるトレーニングをしましょう、
そうすれば自然と閉じられるようになります。

 

 

睡眠時の工夫

 

寝ている間に口を開けていることもありますがこの場合はなかなか意識できません。
そこで寝る時用のマスクを使うのも方法です。
そうすれば口の中が乾くのを防ぐことができます。

 

マスクをしながら寝るのは抵抗があるかもしれませんが段々と慣れてきますので安心してください。
口呼吸はのどを痛めることもありますし、他にも病気の原因になりますので、
早いうちに解決するようにしましょう。