自分でできる口臭チェック

自分でできる口臭 チェックその②:ポリ袋やコップでチェック・唾液の味・マスクの臭い

自分は口臭などしないと思っていませんか、実は自分の口臭は自分では感じれらないものです。
人間の鼻は敏感かと思いきや実は常に嗅いでいる臭いについては鈍感になってしまうのです。

自分でできる口臭チェック

前回の自分でできる口臭 チェックに続いて第2弾を紹介します。

自分でできる口臭チェック その①
コップやグラス・デンタルフロスなどでチェック

自分でできる口臭チェック:常に嗅いでいる臭いについては鈍感になる

長期間旅行した後に自宅に帰るとにおいがすると思った事は有りませんか、これは長期的に家から離れたことによって自分の家の臭いの記憶がなくなりリセットされたため家に帰ってきた時本来の家の臭いがするのです。
口臭もこれと原理としては同じなのです。

ポリ袋で口臭チェック

  1. ポリ袋かコップを用意してください、ここに自分の息を吐くのです。
  2. そしてコップの場合は入れた自分の息が漏れないように蓋をしておいてください。
    ポリ袋の場合は口を閉じましょう。
  3. その後自分の鼻を近づけてためておいた自分の息をかぎましょう、これこそが本当の自分の口の臭いになります。

く自分の手に息をふきかけて口臭チェックをする方もいますが

もしも臭かったらいつもこの臭いを他人にかがせていたのです。
よく自分の手に息をふきかけて口臭チェックをする方もいますがこれでは息が漏れてしまうので正確にはチェックできないでしょう。
臭いがした時はショックかもしれませんが前日に臭いのするものを食べた場合はそれの影響もあるので、次の日も再びチェックしてみてください。

唾液の味

自分でできる口臭チェック:唾液の味

口臭の原因としては、全身疾患によって口臭があらわれる場合もありますが、そのほとんどが口の中に問題があるとされています。
口の中に常駐している細菌がたんぱく質を分解することで、原因物質を作りだしてしまうのです。

口の中の細菌と唾液の関係

口臭予防に重要になってくるのが、口の中の細菌です。そして細菌の量は唾液によって決まってきます。
唾液には口の中をきれいにし殺菌する効果があります。
唾液の量が減ってしまうと細菌が増え、口臭が発生しやすくなってしまうのです。
自分で口臭チェックする方法には、いくつかの方法があります。
最も簡単な方法はこの唾液の味をチェックする方法でしょう。

唾液が酸っぱかったり、苦いと感じだら・・・

  • 【唾液が酸っぱいと感じる場合】
    口の中に歯石や食べかすが残っているということになります。
  • 【苦いと感じる場合】
    口臭の原因となる物質が口の中に溜まっている可能性が強いでしょう。

唾液の味がいつもと違うと感じる時には、口臭が強くなっている可能性があるので、対策をとった方がよいでしょう。
誰かと会話をしている時などに、相手の口臭が気になったことはないでしょうか。
それと同時に自分の口臭は大丈夫かと心配する人も多いでしょう。
なかには口臭がほとんどないにも関わらず、自分の口臭を気にしている人もいます。

マスクの臭い

自分でできる口臭チェック:マスクの臭い

マスクの臭いが気になる方、実はそれはマスクが臭いのではなく自分の口が臭いのかもしれません。
マスクをしていると息がこもるため自分の吐いた本当の息を感じやすくなります。
そして直面したくないことですが、そのマスクの中で感じた自分の口臭こそが本当の自分の息なのです。
普段周囲にそのにおいを振りまいているのです。
もしも臭いと思った時はすぐに口臭対策をしましょう。

マスクで口臭チェック

マスクは口臭チェックをするために利用することもできます。
普段自分の息が臭いのかどうかわからない方にいいでしょう。
周囲の人から注意されたことがないので問題ないはずだと思っていませんか、口が臭いなんて失礼な事なかなか指摘してくれません。
ですので誰からも注意されないからと言って口が臭くないという保証はないのです。
人に注意されるのは恥ずかしいことですので指摘される前に自分で対策をしましょう。
ニンニクなどの臭いのきつい食事をした直後は臭いがすることが多いものです。
歯磨きをしてしばらくしてからマスクをして口臭チェックをしてください。

マスクは口臭予防にはならない

マスクをしていれば周囲に迷惑をかけないのではと思われる方もいます。
しかし隙間から臭いが漏れることがあるのでやはり対策をしなければいけません。

自分でできる口臭チェック体験談

自分でできる口臭チェックとしてポリ袋で口臭をかいでみました
自分の口臭がどれだけの臭いがあるのかを知りたいためにポリ袋で自分でチェックをしてみました。
方法は簡単で、ポリ袋に向かって自分の息を吹きかけるだけです。
吹きかけた後に鼻をポリ袋の中に突っ込んでみたところ死にそうなにおいがしました。
今までそこまで口臭が臭いとは思っていなかったので正直こんなに臭いが酷いということを知ってショックで倒れそうです。
人前で話しをするときはこのままの口臭だと恥ずかしいので改善したいです。
自分でできる口臭チェックとしてマスクの臭いにびっくりしました
先日仕事で一緒になった人の口臭がかなりきつかったので、不快な思いをしました。
仕事上の相手に不快な思いをさせるという事はトラブルになりますので、自分は大丈夫だろうと思いながらも、マスクで自分でできる口臭チェックをしてみることにしました。
すると想像もしていなかったほどのうんこくさい臭いがしたので驚いたのですが、それが現実です。
今までこんな臭いを発しながら人と接していたのかと思うと、一気に恥ずかしい気持ちになりました。
自分でできる口臭チェックとして唾液の味をチェックしました
歯磨きはちゃんとしているのになんとなく自分の息が臭いのかもしれないと疑った時、家族といえども臭ってみてと嗅がせるわけにはいきません。
口臭チェッカーという便利なグッズもあるようですが、手軽なセルフチェックとして自分の唾液の味を確かめてみるという方法もあるというので試してみました。
意識して唾液を口内に溜めて、味を確かめてみるとちょっと酸っぱい感じがしました。
これは歯垢や食べカスが残っている可能性があるという事で、歯磨き以外にも歯間ブラシなどで徹底的にきれいにしようと思いました。
次のページで【口臭予防サプリ:うる藍バリア】を紹介します。

続きを読む

自分でできる口臭 チェックその①:コップやグラス・デンタルフロスなどでチェック

口臭をしないように気を配るのも大人としてのエチケットですよね。

自分でできる口臭チェック

でも自分の口臭になかなか気づいていない、ということも現実にありますよね。

そこで自宅でいつでもできる口臭チェック法を身につけて、
いつでも簡単に自分の口の臭いがどうなっているかを調べておくといいですよ。

自分でできる口臭チェック:スメルハラスメント

最近ではスメルハラスメントと言う言葉がありますが、
これは臭いによって周囲の人に嫌がらせをしてしまうことを指します。

口臭は自分では気が付かないものですので知らずのうちに人に迷惑をかけていることも、
もしも自分が口臭持ちだったらと心配する方にお勧めの口臭チェックをする方法があります。

コップやグラスで口臭チェック

自分でできる口臭チェック:コップやグラスでチェック

コップやグラスはどこの家にも必ずありますよね。

これを使った口臭チェック法ですが、とっても簡単にできてしまうんですよ。

ビニール袋を使っても構いません。

でもエコバッグなどが普及しているので意外と最適なものがない場合も多いので、コップを使った方が簡単ですよ。

寝起きに確認してみましょう

口臭があるか調べたいなら、寝起きが一番です。

眠っている間は口の中が乾燥して、雑菌が繁殖しているので口臭を確認しやすいからです。

チェックの手順

早速起きたら自分のコップに息を吹きかけてみましょう。

その後ですぐにコップに蓋をしておきます。

少ししてからフタを開いてみて、コップの中に自分の花を入れて匂いを嗅いでみましょう。

臭いがしてきたら口臭があるということなんです。

臭いを感じたら・・・

この場合は口腔ケアをすることで口内も抑えることができます。

雑菌が繁殖しないように歯垢を少しでも残さないように歯間ブラシを使って口の中を清潔にしたり、マウスウォッシュを使っておくといいでしょう。

手の甲を舐めて嗅ぐ

自分でできる口臭チェック:手の甲を舐めて嗅ぐ

手順

  1. まず手の甲を舐めてください
  2. 一分間放置して唾液が乾くのを待ちましょう
  3. そして再び手の甲の臭いをチェックしてみてください

実はこの時の臭いこそが口から出ている臭いなのです。
ですので臭いが感じられられなければ口臭はしないということになります。
逆ににおいが確認されれば、知らない間に口臭で周囲に迷惑をかけていたということになるでしょう。

臭いが感じられた場合

臭いが感じられた場合も落胆しないでください。
とりあえず自分で臭い事が分かれば気を付けることができます。
スメルハラスメントから脱却するための第一歩は自分の口臭に気が付くことなのです。

臭いがしなかった場合

臭いがしなかった場合でもまだ安心してはいけません。
鼻づまりなどで臭いがしなかった場合は、もう一度鼻が通っている時にチェックをしてみてください。
その時によって口臭が変化します。
一度無臭だったからと言って安心せず頻繁にチェックすることをおすすめします。

自分でできる口臭チェック:デンタルフロスの臭い

デンタルフロスの臭い

デンタルフロス(糸ようじ)の歯垢

歯と歯の間にはデンタルフロス、つまり糸ようじと呼ばれるものを利用すればブラッシング以上に強い力で歯垢を取り除くことができます。

このときデンタルフロスには粘着質の細かい汚れが付着していることがあるので、これを嗅いでみると口臭のひどさが分かることがあります。

歯垢は強烈な臭いを発し、個人差はありますが刺激臭となったり嘔吐感を催すものもあります。

デンタルフロスや歯間ブラシで習慣をつけて掃除するのは、歯周病・虫歯・口臭などの予防に効果的です。

しっかり歯磨きしていれば口臭はない?

口臭の原因は歯垢がほとんどで、2日ほど放置すれば歯石に変化してより臭いがきつくなるようです。

しっかり歯磨きしていれば口臭はないと勘違いする人も多いですが、それは間違い。

通常の歯磨きでは歯垢を取り除けるのはおよそ5割程度と言われています。

特に歯と歯の間は取り除くのが難しく、歯石にもなりやすい場所と言えます。

普段から歯磨きをしているのにこんな経験ありませんか?

  • 歯磨きしたのに口がさっぱりしない
  • 対面して話している人が嫌な顔をする
  • 自分以外の人から口が臭いと指摘された
  • マスクが臭い

体臭もそうですが、口臭というものは自分の臭いとして鼻が慣れているせいか分かりにくいものです。
口臭チェックでもしてみないと、どれほど臭いのか気づくことはありません。

自分でできる口臭チェック その②
コップやグラス・デンタルフロスなどでチェック
次のページで【自分でできる口臭 チェックその②】紹介します。

続きを読む

▲ページトップに戻る