口臭の原因

口臭の原因を9つ紹介します:唾液・舌苔・口呼吸・胃腸の病気・膿栓・飲酒・入れ歯など

口臭の原因1:匂いの強い食べ物

口臭の原因
口臭の原因の中で、外因的要因として多いのがニンニクやお酒などの食べ物によるものです。
どちらも独特の臭いをさせていますよね。
お酒を飲んだ人の前に座っていると、アルコールの臭いがプ―ンと漂っています。
ニンニクは栄養があって消毒効果や疲労回復効果があるので身体にはいいものなのです。
でもその臭いは前日に食べたものでも消えることがありません。
なぜか会った人にニンニクを食べたことを言い当てられたという経験がある人なら分かるはずです。
与えられた理由は、単純に自分がニンニク臭いからなのです。

お酒の臭いを消したい場合

お酒の臭いを消したい場合は市販されているブレスケア用品を使っておくといいでしょう。
翌日まで臭いを持ち越さない場合は寝る前に飲んでおけばいいんですよ。

ニンニクの臭いを消したい場合

リンゴのアップルフェノン

ニンニクの臭い消しに効く食べ物はいくつかあります。
あの独特な臭いにはポリフェノールがいいと言われているんですよ。
リンゴのアップルフェノンは臭い消しにも有効です。
でも、このアップルフェノンはリンゴの皮にたくさんありますから、市販のりんご味のお菓子では効果がありません。
ポリフェノール以外だと、ミルクも有効です。
ミルクのタンパク質がニンニクの臭い成分のアリシンを分解してくれるんですよ。

口臭の原因 ニンニク

口臭の原因2:舌苔(ぜったい)

舌苔(ぜったい)
口臭の原因は様々なことが考えられますが、見落としがちなのが舌苔によるニオイです。

舌苔とは

舌苔とは、舌の表面にある糸状乳頭という部分や隙間に付着した食べかす、
剥がれ落ちた粘膜細胞などが固まって細菌が繁殖して白くなったものです。

舌苔が増えるワケ

基本的にはそんなにニオイの原因にはなりませんが、
以下のようなことがあると舌苔は増えてしまい口臭の原因になってしまいます。

  • 口内を不衛生にしている
  • 唾液の量が少なく口腔内が乾燥している
  • 体調不良や疲れなどによって免疫力低下している

舌苔の色

舌苔の色

病的原因としては、
風邪や口内炎
高熱になると白く厚くなったり、
抗生物質を長期間服用することで黒っぽくなったり、
タバコの吸いすぎや慢性胃炎、便秘になると黄色っぽくなります。

舌苔が全く絶対がない場合

舌苔が全く絶対がない場合には、栄養不足や呼吸器疾患などが考えられるため
病院で診察を受けてみることをおすすめします。

舌苔が所々剥がれている場合

また、舌苔が所々剥がれている場合には、
胃腸が弱っていることやビタミン・たんぱく質不足が考えられます。

不衛生が原因で舌苔ができている場合

不衛生が原因で舌苔ができている場合には、
舌を湿らせて口腔内用の保湿ジェルを舌において舌苔をふやかし、
やわらかくなったらスポンジブラシや舌用ブラシ、ガーゼなどの柔らかい素材で
舌先から中央、奥とかき出すように取り除いていきます。

口臭 舌苔

口臭の原因3:膿栓(臭い玉)

お酒を飲んだりニンニクを食べていないし、タバコを吸っていないのに口の中から嫌なにおいがして仕方ない、
という場合は病的原因が潜んでいるかも知れません。
そんな時にはいくら柿やリンゴのように臭い消し効果があるポリフェノールが入っているフルーツを食べても、
根本的な解決にはならないんですよ。

臭い玉とは

膿栓(臭い玉)
喉が何だかムズムズした時、黄色い小さな玉を吐き出すことがありませんか?
つぶすと強烈な悪臭を放つ玉なので、通称臭い玉と呼ばれているものです。
膿栓とも言い、これが口臭の原因となっていることがあります。

膿栓(臭い玉)

臭い玉の正体

臭い玉の正体は口の中へ侵入して免疫機能によって退治された最近の死骸や、
食べかすなどが合わさったもの
です。
体の免疫機能が正常に働いているからできるもので、誰にでも作られるものなんですね。

臭い玉を作らないようにするには鼻呼吸

臭い玉を作らないようにするには、口呼吸をなるべくしないようにして鼻で呼吸することです。
鼻呼吸の方がのどに細菌が侵入しにくくなりますから、身体にはこちらの方がいいと以前から言われていますよね。鼻腔のフィルターが働いてくれますから、細菌が入り込みにくくその分臭い玉ができにくくなるんです。
それに口を開くことで口内が乾燥すると唾液で保護できなくなるので、それもよくないという理由があります。

口臭の原因4:唾液が少ない

唾液
口内の唾液が少ない状態をドライマウスと呼び、目が乾くドライアイと同様、最近ではメディアでも取り上げられるため目に機会の多いキーワードです。

ドライマウス(口腔乾燥症)とは

ドライマウスの正式名称は口腔乾燥症と呼び、唾液の分泌量が少ないため口の中や喉が渇いた状態が続きます。
ただそれだけのことだと思うかも知れませんが、影響は非常に強く、
食べ物を咀嚼して飲み込むにも口の中がパサついてしまったり、
喉の渇きが酷くなるとウイルスが感染しやすくなって病気に罹る可能性が高まります。

唾液には虫歯予防にも

また、唾液には虫歯菌に対して対抗性があるのですが、
これが少なくなることで虫歯が活発化してしまい歯垢が溜まりやすく、
舌苔が増えることで口臭の原因ともなるのです。

唾液の分泌量

唾液の分泌量は自律神経が支配しているので、
交感神経と副交感神経が正常に作用していることが重要となりますが、
過度なストレスや様々な要因によって自律神経が乱れると分泌が上手くできずに
口腔乾燥症となることがあります。

唾液が減って口が渇くなと思ったら

また、脱水症状や糖尿病、腎臓の代謝異常といった
全身に関わる病的原因によっても唾液が少なくなることがあるため、
普段より唾液が減って口が渇くなと思ったら生活環境を見直したり、病気を疑ってみると良いでしょう。

口臭 ドライマウス

口臭の原因5:口呼吸

口呼吸は口臭の原因になりますので、もしも口を常に開けて息をしている方は鼻息に変えましょう。
口で呼吸すると口臭になる原因は唾液が乾いてしまうからです、
さらに口を開けることによって唾液自体が分泌されにくくなってしまいます。
唾液には天然の薬のような作用があり口臭を防いでくれるのですがそれが少なくなると口臭になってしまうのです。
ですのでいつも口を開けている、口で息をしている方は口を閉じて鼻で息をするようにしてください。
今までずっと口で息をしていた方はなかなか知らない間に口で息をしていることがあると思いますが、
気が付いた時に口を閉じるようにしましょう。

口の筋肉を鍛えるトレーニング

口呼吸
さらにペットボトルを加えて口の筋肉を鍛えるトレーニングをしましょう、
そうすれば自然と閉じられるようになります。

睡眠時の工夫

寝ている間に口を開けていることもありますがこの場合はなかなか意識できません。
そこで寝る時用のマスクを使うのも方法です。
そうすれば口の中が乾くのを防ぐことができます。
マスクをしながら寝るのは抵抗があるかもしれませんが段々と慣れてきますので安心してください。
口呼吸はのどを痛めることもありますし、他にも病気の原因になりますので、
早いうちに解決するようにしましょう。

口臭 口呼吸

口臭の原因6:喫煙や飲酒

喫煙や飲酒も口臭の原因になります、外部から摂取したものが原因の口臭なので外因的要因となります。
では喫煙や飲酒はなぜ臭いがするのでしょうか。

飲酒の場合

アルコール自体がそもそも臭いのするものですのでそれが口臭となります。
しかもアルコールは利尿作用があるため体の中の水分が少なくなり、唾液の分泌量も少なくなります。
これもさらに口臭をきつくする要因となるのです。

喫煙の場合

喫煙や飲酒
喫煙の場合も同じです、煙草自体も臭いがするため口臭になります。
さらに歯に臭いが付着するためさらに臭いがきつくなってしまうのです。

量を減らす努力を

飲酒や喫煙が原因で口臭になる場合、それらをやめればかなり改善します。
ただアルコールも喫煙も中毒作用があるためなかなかやめるのは難しいでしょう。
しかし少しでも量を減らすだけでも口臭は改善されます。
長く続けていると歯周病の要因となり、内的要因の口臭になる可能性もあるため
出来るだけ早く控えるようにしましょう。

煙草専用の歯磨き粉

内的要因となると控えたくらいでは解決しにくくなるので厄介です。
喫煙する方でしたら煙草専用の歯磨き粉なども販売されていますので
それを使って口臭予防をするのもいいでしょう。
楽しくお酒やたばこをたしなみ口臭ケアもするようにしてください。

口臭 喫煙

口臭の原因7:胃腸の病気

機になる口臭の原因には、口の中の病気ではなく胃の症状が影響していることがあります。
また病気の種類や病的原因によってその臭いも違ってきますので注意が必要になります。

病気

  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 胃がん

…など

胃炎や胃潰瘍

胃腸の病気
消化不良で胃の中に詰まった食べ物が発酵することで、
臭い物質が発生するのが胃炎や胃潰瘍です。
この時の口臭は卵が腐ったような臭いがするが特徴です。

十二指腸潰瘍

同じく消化不良を起こしやすい十二指腸潰瘍は、胃の中で発生した臭い物質が血液中に吸収されます。そして全身を巡り肺に達した時、息に混じって卵が腐ったような臭いが出るようです。

逆流性食道炎

逆流性食道炎では、胃酸の逆流により酸っぱい液体が喉の奥や口の中まで上がってくるのですが、
これが刺激臭でもあるために息と一種にその臭いも出てしまうのです。

胃がん

胃がんにおいては人によって卵が腐ったような臭いやきつい花の臭いがしますが、
これは血液中に取り囲まれた臭い成分が、肺の空気交換によって口臭を発生させてしまうからです。
これら口臭の原因から予防や対策は、病気そのものを治すことはもちろん、
ストレスを溜めない、喫煙や飲酒を控えるなど生活習慣の見直しが大事です。

口臭の原因8:虫歯・歯周病

口の中に口臭の原因がある場合、一番多いのが歯周病になっているケースです。
しかも歯周病が原因の口臭は、臭いが強めになるという特徴もあります。

歯周病を克服

でも歯周病を克服することで大半の口臭が治まりますし、
歯周病を予防することは口臭予防にも大きな効果を発揮するんですよ。
対策としては毎日朝と夜に歯みがきを怠らないことです。
歯科医監修の歯周病予防になる歯みがき粉も出ていますから、これを使うようにするといいでしょう。
フルーツ味で楽しく歯みがきできるものもいいですが、本格的に口臭を予防したいなら
歯科医が開発に関わっている歯磨き粉の方がおすすめです。

虫歯

虫歯・歯周病
虫歯も口臭の原因としては多いものです。
虫歯のせいで臭いが発生するケースも複数ありますが、歯にできた穴に食べかすが溜まったり、
神経が腐ってしまったり、膿みが溜まるケースが考えられます。
いずれもそこまで悪化する前に治療を受ければ問題ないでしょう。
虫歯予防効果のある歯みがき粉を使うのもおすすめです。
どちらにしても特別なことよりも日ごろのケアがものを言うのですね。

口臭 歯周病

口臭の原因9:入れ歯

口臭があると周りの人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。
虫歯や歯周病が原因の場合もありますが、
外因的要因が口臭の原因になっていることもあるため注意が必要となります。

入れ歯は汚れがつきやすい

外因的要因の一つになるのが入れ歯です。
入れ歯は汚れがつきやすく口腔内が不衛生になることで口臭の原因になってしまいます。
入れ歯によるニオイを防ぐために、きちんと清潔にしておきましょう。

入れ歯を清潔にする方法

入れ歯を清潔にする方法としては、流水かでプラスチックの部分が傷つかないように歯磨き粉をつけずに、入れ歯専用の歯ブラシを使って丁寧にブラッシングしていくことが基本となります。
お湯で洗うとぬめりが取れやすいですが、60℃以上の熱いお湯を使うと
入れ歯自体が変形してしまう可能性もあるためあまり熱いお湯では行わないようにしていきます。

入れ歯洗浄剤を使用

また、歯ブラシのブラッシングだけでは汚れは完璧に落としきれずに残ってしまうこともあります。
そんな時には入れ歯洗浄剤を同時に使用することによってより入れ歯を清潔にすることができます。

自分の口の中も清潔に

入れ歯だけではなく、自前の歯についた汚れが口臭のもとになっていることも考えられるため、
入れ歯を清潔するのと同時に自分の歯をケアすることも大切です。

口臭 入れ歯

次のページで【口臭が原因のトラブル:3つの体験談】を紹介します。

続きを読む

▲ページトップに戻る